わんことインテリア

トイプードルのTarutoとRasukuの飼い主maayaのブログ。YouTubeに動画投稿しています。

出産までの道のり①【不育症】


こんにちは。

トイプードルのTarutoとRasukuの飼い主のmaayaです。
www.youtube.com

先日、ブログでも書きましたが…

今日は私の「妊娠・出産」についてお話していきたいと思います。

流産を繰り返して悩んでいる方や、これから妊娠を考えている方へ…。

少しでも参考になれたら幸いです。

 

ブログにも書きましたが、私はあーくんが5回目の妊娠でした。

1回目は子宮外妊娠、2回目は自然流産、3回目も自然流産、4回目は化学流産でした。

(化学流産は、胎嚢確認前の流産なので、流産としてカウントしないと書いてあったり、そうでなかったり…。一応妊娠検査薬は陽性のラインが出たので、ここでは流産として書きます。)

 

1回目の子宮外妊娠は、右の卵管に妊娠(着床)してしまいました。

本来は子宮に着床するはずが、卵管に着床してしまったので、赤ちゃんを育てることはできません。

開腹手術で右の卵管と赤ちゃんを取り出しました。

なので、私には右の卵管がありません。

原因は不明。

「たまたまなったとしか言いようがない…」と先生に言われました。

 

私は言葉通り受け取りました。

「たまたまなっただけなんだ!次は絶対大丈夫!」

自分でもびっくりするほど前向きでした。

 

 

2回目の妊娠は、ちゃんと子宮に着床してくれました。

初めて、エコーで胎嚢が見えた時は感動しました。

赤ちゃんが子宮にいる!!

今度こそ絶対大丈夫!!

そう思っていましたが、6週5日で出血があり、そのまま流れてしまいました。

「たまたま弱い卵(赤ちゃん側の問題)だっただけ!子宮外妊娠と流産は、全くの別物なので関係ない。」と、先生に言われました。

また、たまたま…か。

ショックでしたが、初期流産は誰にでも起こり得ること。

本当にたまたまなっただけ…。

自分に言い聞かせました。

 

 

 

3回目の妊娠も、子宮に着床してくれました。

エコーで胎嚢を確認しましたが、前回より小さい…。

悪い予感は的中し、6週で出血し、そのまま流れてしまいました。

前回とほぼ一緒の流れでした。

私はひどく落ち込みました。

「こんなにも続くものなの?!絶対おかしい!」

先生には、また「たまたま弱い卵だっただけ」と言われました。

本当に弱い卵だったの?!

いや、絶対たまたまじゃない!

これは何か原因があるはず。

「流産 連続」と調べると、「不育症」という言葉にヒットしました。

 

そして、名古屋にある【青木産婦人科クリニック】のホームページに辿り着きました。

 

不育症専門の病院です。

 

ここから自宅から通える…。

正直、私にはもう妊娠する気力はありませんでした。

流産をしたくないから、妊娠もしたくない!

また失うのが怖い!

でも、過去の流産の原因が知りたい!

不育症じゃないことを祈りたい!

ただその一心で、検査を受けることにしました。

 

 

そして、結果は【不育症】でした。

 

 

赤ちゃんに問題があったんじゃない。

私のせいだったんだ…。

 

 

流産の原因は、甲状腺ホルモンが低いことでした。

病名は、潜在性甲状腺機能低下症。

甲状腺ホルモンは、喉仏のあたりから出ているホルモンです。

そんなホルモンが、妊娠と関係あるの?!と驚きましたが、とても大事なホルモンなんだそうです。

ただ、日常生活に支障はなく(確かに、疲れやすいなどの自覚症状はなかった。)妊娠しなければ治療は必要ないけれど、妊娠を希望するなら治療が必要だと言われました。

治療と言っても、定期的に甲状腺ホルモンの数値を調べてもらって、薬を飲む…という感じです。

 

 

私は…、もう妊娠する気持ちにはなれなかったのですが、ありがたいことに妊娠しやすい方だという自覚はありました。

なので、妊娠には前向きになれなかったけれど、絶対絶対流産はしたくない!と思い…

万が一妊娠した時のために、薬は飲んでおこうと思いました。

 

そして、定期的に青木産婦人科クリニックに通い、甲状腺ホルモンの数値を診てもらい、薬を処方されました。

 

ちなみに、青木産婦人科クリニックは、不育症専門の病院なので、不妊治療はしていません。

【妊娠するための治療】ではなく、【流産を予防するための治療】なので、妊娠後から本格的な治療が始まります。

なので、妊娠することが前提の病院なのです。特殊ですよね。

 

私は、子宮外妊娠や流産を経験して、そもそも何で子どもがほしいのか…、毎日毎日考えました。

結婚して、妊娠して、出産することが当たり前だと思っていたけれど、本当に当たり前なのか。

妊娠は喜ばしいことだけど、私は妊娠したことによって、お腹を切り、右の卵管を取り、小さな命を失い、心にも体にも傷を負った。

そこまでして、妊娠する必要があるのか。

そこまでして妊娠することが、私にとって幸せなのか。

傷を負った妻を見て、夫は幸せ?

傷を負った子どもを見て、両親は幸せ?

いや、違う。

まずは私が元気になること。

笑顔でいること。

それが自分の幸せであり、みんなの幸せになるのではないか。

 

そして、私は自分の気持ちに正直になることにしました。

何がしたい?

何を楽しみたい?

どんなふうに過ごしたい?

 

「Taruちゃんとの生活を楽しみたい!

一人でも多くの人に、Taruちゃんのことを知ってもらいたい!

Taruちゃんの生きた証を残したい!」

そう思ったんです。

 

そして、2017年1月、YouTubeを始めることにしました。

 

 (ランキングに参加していますので、ポチっとお願いします♪)


人気ブログランキング